ピロリ菌 ピロリ菌の除菌

MENU

ピロリ菌の症状

知っておきたいピロリ菌の症状は? "胃や十二指腸で悪さを働く「ピロリ菌」ですが、この菌を知らず知らずのうちに保有している方も少なくありません。
ではこの菌はどのような症状を引き起こすのかご存知ですか?
これからご紹介する事柄に当てはまるからと言って、必ずしもピロリ菌を保有しているわけではありませんが、目安として見ていただければと思います。

 

まず、症状が出ている期間がどのくらいかでこの菌が疑われます。

 

・胃もたれ
・胃がむかつく
・胃痛
・胃が重い

 

など、立っていられない程の胃の痛みなどではなく、比較的軽い症状が年単位で続く・・・という症状が多く訴えられます。
よく、「私は子どもの頃から生まれつき胃腸が弱い」や「年中ストレスで胃が痛い」と言う方はいませんか?
年中このような症状に悩まされている方は、ピロリ菌の検査をお勧めします。
特に、ひどい胃痛に苦しみ病院で検査を受けて、菌の保有が発覚したという方も少なくありません。

 

ですが、ピロリ菌に感染している方の中には、上記のような病気が発症しない方もいます。
菌に感染すると、その時胃は炎症を起こしますが、その時に痛みが出るかどうかというのはまた別の話になります。
中にはやはり無痛、無症状というケースの少なくありません。

 

しかしながら、症状がない・痛みがないということでは安心できません。
無痛なだけで胃炎は静かに繰り返され、徐々に胃は侵されている場合もあります。

 

どちらにしても、ピロリ菌を体内に保有していること自体が問題です。
傷つけられた胃や十二指腸が将来的に悲鳴を上げることになるかもしれないリスクは、早いうちに取り除いておきたいものですね。

ピロリ菌の除菌方法の情報を紹介!

スポンサードリンク