ピロリ菌 ピロリ菌の除菌

MENU

ピロリ菌の感染経路

日本でのピロリ菌の感染者は約6,000万人とも言われています。
そもそも何故このような菌の感染者が日本に多いのでしょうか。
ピロリ菌の感染経路を調べてみました。

 

ピロリ菌の感染経路は諸説あります。

 

一番多く唱えられているのが口から入る経口感染説です。
思わず「えっ・・・」と言ってしまいそうですが、残念ながら有力です。
親が感染者という場合には、幼児に対して親が噛み砕いたものを食べさせたりする時に、親の唾液などにピロリ菌が混ざっていてそれが子どもの体内に入ってしまう・・・という感染経路です。
そうなるとキスでも感染するものなのか?と不安になりますが、これでは感染しないという説もあります。
そう言われる理由は、欧米など日常的にキスをする習慣のある国の感染率が低いということです。
それゆえに、キスの際の唾液からの感染ということは、はっきりとは言い切れないのです。

 

また、口に入るものの中では井戸水が感染経路という説もあります。
現在一番多くのピロリ菌感染者が確認されている世代の、上下水道環境が整っていない衛生状態の時期の飲み水に原因があったと言われています。

 

他には排泄物からの感染や、ハエやゴキブリなどを媒体とした感染なども。
中には医療機関での内視鏡説などというものもあります。

 

口からの感染経路は中々防ぐのは難しいですね。
特に菌の保持者は幼児期に感染したのではないかと言われています。
成人には感染の持続力が弱いようです。

ピロリ菌の除菌方法の情報を紹介!

スポンサードリンク