ピロリ菌 ピロリ菌の除菌

MENU

ピロリ菌の除菌治療は痛い

ピロリ菌の除菌治療を受けるにあたり、気になるポイントが治療はどのように行われるのだろうか?ということではないでしょうか。
痛みはあるのか?入院は必要になるのか?など、ピロリ菌の除菌治療をする際に知っておきたいポイントをまとめてみました。

除菌治療による痛みはありません

ピロリ菌の除菌の治療は抗生剤を1週間服用します。
治療に関して、痛みを伴うことはありません。
特に入院の必要もなく、日常生活を送りながら治療が可能です。
ただし、抗生剤を服用するにあたってタバコやアルコールは治療の成功の妨げになってしまう為、控えるようにするまたは禁酒が必要になる場合もあります。

薬の副作用

処方された薬を服用するわけですが、次のような副作用が出る場合があります。
一番起こりやすい副作用は下痢になります。
腸内の細菌がバランスを崩してしまうことにより起こります。
ひどい場合には血便が出ることもあります。
また、味覚の障害が起こることもありますが、症状は通常なら2〜3日で治まるものです。
その他にも口内炎、発熱、腹痛、アレルギーによる発疹などが起こる場合もあります。
これらの症状がひどい場合や、日常生活に影響が出てしまう場合は必ず医師に相談するようにしてください。

 

治療に際していわゆる「痛み」はないですが、体にとってつらい点は、上記の副作用や内視鏡による検査でしょうか。

 

また、ピロリ菌の除菌治療を行った後に、逆流性食道炎が起こりやすい状態になります。
これもかなりつらい症状が出ますので、調子が悪いと思ったら我慢せずに早めに医師に相談するようにしてください。

ピロリ菌の除菌方法の情報を紹介!

スポンサードリンク