ピロリ菌 ピロリ菌の除菌 禁煙

MENU

ピロリ菌除菌治療の喫煙と飲酒

ピロリ菌の除菌治療を受けている際に、タバコを吸ったりお酒を飲んでもいいだろうかと、愛煙家の方、お酒が好きな方には気になるところだと思います。

タバコ・喫煙

ピロリ菌の除菌治療を受ける際には、一定期間医師から処方される薬を服用することになります。その薬を服用するために、薬を処方してもらう際の注意点として、喫煙者は禁煙するように言われるということはないです。

 

ということは、喫煙によりピロリ菌の除菌治療を失敗させてしまうということにはならないということです。

 

ですが実際には、すくなからずタバコを吸うことは胃に負担がかかります。ピロリ菌による胃のなんらかのつらい症状が出ている方は、胃の負担を考えると控えたい所です。

 

また除菌治療中に、タバコを吸っていたことが原因で治療が失敗したということはないですが、吸わない人の成功率は高くなるという調査の結果はあります。
もし、除菌治療に何度も失敗していたり、1回の治療で成功させたいということでしたら控えた方が良さそうです。

飲酒

飲酒は基本的にNGです。初回の除菌治療時に使う薬は、アルコールを摂取することにより成功率を下げると言われています。

 

そして、初回の治療に失敗した方は2回目の治療となりますが、初回の薬とは異なる種類のものが処方されるわけですが、これには完全にアルコールはNGです。
どちらにせよ、ピロリ菌の除菌治療時にはアルコールは厳禁と思っておいた方が良いでしょう。

 

除菌治療で薬を服用する期間は1週間となります。
つらい1週間となりますが、頑張りましょう。

ピロリ菌の除菌方法の情報を紹介!

スポンサードリンク