ピロリ菌 ピロリ菌の除菌

MENU

ピロリ菌の除菌方法と費用

病院で行われるピロリ菌の除菌には、通常薬を服用する方法が取られます。

ピロリ菌の除菌方法

3剤併用療法と呼ばれる方法で、PPI(プロトンポンプ阻害剤)と、2種類の抗生物質の合計3種類を組み合わせて封用します。

 

このPPIという薬は、胃酸を抑える働きをするものです。
この3種類の薬を1週間〜2週間の期間、服用し続けます。
この方法で、ピロリ菌に感染している方の7〜9割の方の除菌に成功します。
なお、途中で服用を勝手に中断してしまうと、ピロリ菌に耐性ができてしまい薬の効果がなくなる場合がありますので、服用の仕方には医師の指示に従うことが重要となります。

ピロリ菌の除菌費用

次に、除菌にかかる気になる費用についてです。
以前は適用されなかった健康保険が、2013年から適用されることになりましたので、患者さんの負担はかなり軽減しました。
一例として、3割負担の方の場合は約6,000円前後となります。
ちなみにこれは一般的な例であり、もしもアレルギーや副作用が出てしまうとまた少し費用は変わることもあります。

その他の除菌方法

また、ヨーグルトを食べることでピロリ菌が除菌できる場合もあります。
特定の成分が含まれているヨーグルトを1日に2回程度食べることで、効果が実証された例もあります。
「LG21」という乳酸菌が菌を除去すると言われています。
この乳酸菌が含まれているヨーグルトを選ぶようにしてください。

ピロリ菌の除菌方法の情報を紹介!

スポンサードリンク